新型コロナウイルスをアートの力で

  1. アート全般

新型コロナウイルス感染症の影響で、国内の美術館、博物館の休館が続々発表されている。建物に入れないということは、その間、開催されている企画展やイベントも中止・延期となってしまう。

例を挙げると、次のとおり。

  • 東京国立博物館
  • 東京都美術館
  • 国立新美術館
  • 京都国立博物館
  • 国立国際美術館

民間も同様である。

  • 森美術館
  • 金沢21世紀美術館

新型コロナウイルスのパンデミックが懸念されるなか、今後も休館などを延長することも考えられる。いわゆるハコモノは、どうしても換気されている状況とはいえない。仮に換気されていても、鑑賞者同士が接近しやすい。そういうマインドが働くなかで、多くの鑑賞者が集まるとはいえないだろう。

そういう意味では、屋外展示が売りとしている美術館に足を運ぶのも、いい気分転換だろう。たとえば、箱根彫刻の森美術館、美ヶ原高原美術館などは、今のところ、休館の発表はない。

こういう非常事態だからこそ、アートで心に潤いと刺激を。日頃行きたくても行けなかったギャラリーや画廊を巡ってみるのもいい。ギャラリーなどは、比較的、通常どおり開いている。

外に出たくない人は、画集を見るのでもいい。ゆっくりページをめくっていけば、気持ちも落ち着いてくるだろう。アートはいつも、側にあるのだから。

アバター

ArtLimb編集部の編集部員が自ら足を運んで、いろいろなアート情報を紹介しています。

記事一覧

関連記事

企画展の案内、または中止のお知らせ

企画展やイベントの現在の状況

2020年3月25日現在、美術館や博物館、文学館などの企画展やイベントの開催状況は、どうなっているだろうか。新型コロナウイルス感染症の拡大により、国内はもちろん、世界中…