アートファンにオススメ! アート系ポータルサイト4選

  1. アート全般

「今開催されている展覧会を知りたい」「どこでどんな美術展をやっているのか調べたい」

そんな時、皆さんはどうやって情報を得ていますか? 今回は、そんな皆さんへ向けて、いくつかのポータルサイトをご紹介します。ぜひ展覧会選びの参考になさってみてください。

■個展なび

全国の展覧会の情報が掲載されています。美術館はもちろん、画廊やギャラリーの個展、企画展情報も豊富。開催場所やクリエイターから検索することもでき、好みの展覧会を探すのに利便性が高い。

■Tokyo Art Navigation

東京の文化や芸術の現在を紹介することで、多くの人にアートを身近に感じてもらいたいという思いのもと、創設されたサイト。

主に都内の美術館や画廊などの絵画展のほか、劇場の音楽イベントなども掲載され、多角的な芸術の情報を得ることができる。コラムも連載されており、読み物としても充実。

また、アーティストも自身を登録することができる、参加型のサイトになっている。

■銀座経済新聞

広域銀座圏のビジネス&カルチャーニュースを届けるインターネットの情報配信サービス。

「食べる」「見る・遊ぶ」「買う」「暮らす・働く」「学ぶ・知る」といった分類で、銀座エリアの旬な情報を配信している。銀座の百貨店やアンテナショップ、ギャラリーの展覧会情報など幅広く特集。10月には、翠波画廊の「ドウツ作品展」も取り上げられ、話題となった。

■チラシミュージアム

ポータルサイトとは少し違うかもしれないが、30万人以上のアートファンが利用しているアプリ。全国1500以上の美術館や画廊などの展覧会チラシを、スマートフォンやタブレットで、雑誌をめくるような感覚で閲覧できる。

展覧会によっては、チラシ画像を保存することや、付随したクーポンを利用できることもあるため、アートファンには見逃せない。

日に日に肌寒くなり、秋が深まってきましたね。芸術の秋を楽しむために、こういった情報サイトを活用してみてはいかがでしょう。もちろん、アートリムも独自な情報を掲載していきますので、ぜひご活用ください。

アバター

ArtLimb編集部の編集部員が自ら足を運んで、いろいろなアート情報を紹介しています。

記事一覧

関連記事

ルーブル美術館外観

新型コロナウイルスをアートの力で

新型コロナウイルス感染症の影響で、国内の美術館、博物館の休館が続々発表されている。建物に入れないということは、その間、開催されている企画展やイベントも中止・延期となって…

企画展の案内、または中止のお知らせ

企画展やイベントの現在の状況

2020年3月25日現在、美術館や博物館、文学館などの企画展やイベントの開催状況は、どうなっているだろうか。新型コロナウイルス感染症の拡大により、国内はもちろん、世界中…